琵琶湖のおかっぱり!バス釣りに魅了された“BRUTUS”のブログ

琵琶湖の釣道を求めて

琵琶湖釣行記

セイラミノーで53.5/3310g頭に6本!ジグヘッドスイミングも絶好調!そして兵庫の天才漁師現る!

更新日:

どうも、MAKOです!

 

先日琵琶湖へ行ってきたので釣行記書いていきます!

 

今回は、後半から「兵庫が生んだ天才漁師」と言われる琵琶湖の達人級の漢と合流して釣りしたんですが…

まぁ、えげつないくらい釣りますw

 

詳しくは後半で!!!

スポンサーリンク




レイジスティックのジグヘッドスイミングで50UP!

今回は20日振りくらいの琵琶湖!
前回はBBQで琵琶湖へ来てたので、がっつり釣りができておらず、ちゃんと釣りするのは1ヶ月振りくらい。。。
1ヶ月も経つと状況まったくわかりませんw

 

 

 

 

このくらいの間隔で釣りするのなんて当たり前でしょ?と思う方もいると思いますが、琵琶湖の変化はめちゃくちゃ早いので1ヶ月離れると未知の湖と変化するのです。

 

 

 

 

プロでも1ヶ月琵琶湖離れてたら全てリセットされると思います。

 

 

 

なので、今回はとりあえず前回良かったところからスタート!!

 

 

 

 

前回惜しくもそこそこサイズにウィードに巻かれてサヨナラしたポイントへ!

 

 

 

 

数カ所連続的にバスが着くピンがあるので、まずはそこから打っていきます!!

 

 

 

 

もちろん投げるはジグヘッド!!

 

 

 

が、期待通りに行く訳もなく、とりあえずひと流し目は沈黙。。。

 

 

 

前回かなり熱い感じだったのですが、やっぱり時が経つと状況が変わってしまいます。

 

 

 

どこがどうなってるのか、ベイトの動きも踏まえてしばらくキャストせずに状況を観察。

 

 

 

 

すると、とある1か所だけ変化があることに気付き、そこへレイジスティックのジグヘッドを通すと…

 

 

 

 

ゴンザレスさん登場!!!

 

 

でも、めちゃガリガリ…汗

 

 

だけど、食い方は100点!

 

 

エサだと思ったんだろなー笑

 

丸呑みされるとまずバレないので、中途半端に掛かるくらいなら丸呑みの方が個人的には有難い!

 

 

喉奥掛かるのはちょっとあれですけど…

 

 

 

どうやらバスはまだこのエリアにいるようなので、もう少しやることに。

 

 

 

さっき釣ったキャストの数投後に45クラス追加!

スポンサーリンク




ジグヘッドスイミングで真っ黒筋肉質スクールの55クラスをラインブレイク…

 

 

そして、その20分後くらいに…

 

 

真っ黒な明らかに筋肉質って感じのバス3匹がフラフラと登場!!!

 

推定50〜55くらいのマッチョさん!!!

 

進行方向の遥か先へキャストして徐々に間合いを詰める…

 

そして気付いた1匹がチェイスすると残りの2匹もチェイス開始!!!

 

 

 

完全丸見えサイトフィッシング!!!

 

 

 

今日の傾向的に、そのままスイミングさせても見切られるので間合いがギリギリになったところで…

 

トゥイッチ入れて、逃がす!逃がす!逃がす!

 

1匹が完全にスイッチ入ってバイト!!!

 

がミスバイト!!

 

 

続いて2番手のバスがバイト!!

 

 

が、甘噛みですぐに吐き出したーー!!

 

 

 

そして、55くらいのラスボス登場w

 

 

 

ちょうどゴミが溜まってカバーのようになってるところへ差し掛かったので、そこへ追い込めるように誘導すると…

 

 

 

本気喰い!!!!

 

 

 

ワンテンポ遅らせてフッキング!!!

 

 

完璧にフッキングも決まってゴミ溜まりから引き離します!!

 

 

前回の反省を活かして今回はドラグは強設定!!

 

フックも今回は太軸だから安心!!!

 

 

ほぼほぼ勝ちを確信したのですが…

 

 

手前10mくらいまで寄せて来て、最後に突進されたので顔の向きを変えようとそのまま耐えてたら…

 

 

PE切れた。。。

 

 

最近、わりかし良さげな魚はとことんミス。

 

無理せずドラグ出しとけば良かった。。。

 

 

前回の反省からドラグをキツ目にしてたけど、もうちょい緩いくらいがいいんだな、きっと。

 

 

 

というか、PEから切れてたので傷が入ってたんだなぁ…

 

 

完全にヒューマンエラー。。。

 

 

ラインブレイクは針が伸びるのよりあかん…

 

 

 

今回も反省です・・・

 

 

あ、でも今回は今後に繋がる収穫が2点あったので!!

 

 

1点目は先日から使わせてもらってるレイジスティック!!このワームの良いところを再確認!!デスアダーとの使い分けができそう!!

 

 

これはまたそのうち、もうちょい煮詰めたら書きます。

 

 

2点目はジグヘッド!!太軸の良さそうなフックの発見!!

モーリスのゲンテンジグヘッドというフックが良さそうな予感!!!

 

 

某大型量販店の凄腕店員のK師からおすすめされてたんですが、サイズが小さいので使ってなかったけど、使ってみたらよかったw

 

 

PEスピニングでジグヘッドやる人にはオススメできそう!!

 

 

いままでは、がまかつのラウンド25を愛用していましたが、PEで使うと伸びることがあるんですね。

なので、PEでちょっと強引なファイトをしても耐えられるものを探していました。

 

 

ただ、このジグヘッド、サイズ展開が微妙なのがいまいち…

 

 

なぜ1/0を作らなかったのか!?

ジグヘッド好きとしては、なんなら2/0、3/0も作って欲しいのに!!笑

 

 

 

あ、僕の思ってるジグヘッドスイミングについてもそのうち記事にしてまとめてご紹介しようと思います。

 

冬のジグヘッドシーズンまでには書こうかと。

スポンサーリンク




異次元に釣る!!兵庫の天才漁師RYOくん登場!!

 

さて、午前の部はこれにて終了!!

 

午後の部はエリアをガラッと移動!!

 

 

状況がわからないので、とりあえず魚いるであろう某有名な河口エリアへ。

 

相変わらず平日でも人がわんさかいますいし、何より地形が前回来た時とまったく変わってますw

 

僕が来ていない間に台風もありましたし、そりゃ変わりますよねw

 

 

そういえば朝いたところも地形がえげつないくらい変わってました。

 

 

よくわからないので適当にキャストし、巻いてくると・・・

一投目から50後半くらいのがチェイス!!

どうせだったら食ってくれればよかったのに・・・笑

 

 

その後、特になにも起きずちょい移動。

 

 

ここから兵庫の天才漁師こと、RYOくんと合流!!!

 

RYOくんは、“超” 変態級に釣りがうまい漢!!!

 

異次元クラスに釣りまくるんで、本当に同じ琵琶湖で釣りしてるのか!?

と思うような釣果を毎回上げてきます。

 

 

どのくらい釣るのかというと・・・

 

 

     

 

ここ最近のRYOくんの釣果の “一部” ですwww

 

もちろん琵琶湖のオカッパリ・・・

 

ここ数日では、4日間でMAX4840g、4810g、4510gに3キロオーバー複数で連日トータルウエイト15~20kg超えという有り得ない釣果を叩き出しています。

 

 

こんなに釣る人見たことないわ!!!!笑

 

 

RYOくんは、インスタで釣果をUPしていますが、連日の釣果に完全にインスタがざわついてましたw

 

 

RYOくんのインスタはこちら 

⇒ https://www.instagram.com/ryo_1116sb/

スポンサーリンク





 

セイラミノーで3310g頭に連発!!RYOくんもバルビュータで3キロオーバー!!

RYOくんと合流後、最近の話をいろいろ聞かせてもらって、一緒に釣りをすることに!!

 

この日は朝に4840gを仕留めたらしい…爆

 

 

気になるところがあるということでポイント到着!!

 

 

そして、連打開始!!!

 

 

1本目から僕にゴンザレスー!!

53.5cm/3310g

 

持ち写真もちゃっかり撮ってもらっちゃいました^^

 

 

 

そして、僕が釣ってすぐあとにRYOくんにヒット!!!

 

 

53cm/2970g

 

釣るとこ見てましたけど、釣り方が超テクニカル!!!!

 

 

 

そして、僕も負けじと次のキャストでさらに48クラス追加!!!

 

 

 

こいつも良い体型してます!!!

 

 

午前中の魚とは別物ですねw

 

 

全部セイラミノーにて^^

 

 

4ポンドでやってたので、ファイトはドキドキ!!!

こんなに細いライン使うのってほぼないから、どんなファイトしていいのかわかりませんでしたw

 

 

 

とりあえず無理せず走らせまくって、浮かせれるときに浮かせ、徐々に寄せてきてなんとかランディングできました!!

 

 

 

4ポンドで3キロオーバーって生涯初でした!

 

 

4ポンドで5キロとかのバスを釣るって僕には想像できません・・・笑

 

RYOくんも細いラインでやってるみたいですが、5キロとかどうやってファイトするのか…なぞです。

 

 

1本目のバスは、セイラミノー丸呑みされてたんで、強引に引っ張ったりしれたらたぶん切れてましたね汗

 

 

 

 

ジグヘッドはリーダー組んでるんでいいんですが、4ポンドは丸呑みちょっと辛いです…笑

 

 

セイラミノーは、フックをピアストレブル ダガー #12に交換しています。

 

 

僕はノーフェザーフックスタイル!!

 

これが正解なのかはわかりませんが、とりあえず釣れるw

 

純正フックは基本的に信用していません。

 

 

 

ラッシュも終わり、ちょっと渋い感じになってきたな~と思ったので、ここで一味違ったジグヘッドスイミングを導入!!

 

 

 

 

いつもは0.9g~1.8gくらいのジグヘッドでスイミングさせるんですが、もっとごっつい重ためのジグヘッド!!

 

 

 

 

こいつで半リアクション的に食わせる作戦!!

 

ボトムまで一旦沈めて高速スイミングさせます。

 

 

すると、1投目からバイト!!

 

が、ノラず・・・

 

 

続けて数投すると…またバイト!!!

 

 

今度はのったー!!!

 

 

 

 

サイズの割にめっちゃ引いた!!

 

 

実は引き方と跳ね方が完全にニゴイみたいだったので、姿が見るまでニゴイだと思ってましたw

 

ニゴイだと思ってた分、バスの姿が見えた瞬間テンション急上昇!!!

 

 

嬉しい誤算ってやつですね!!(このちょっと前に、特大バス掛けたと思ってめちゃ慎重にファイトしてたらニゴイだったってことがあっただけに、バスだとわかった瞬間ホント嬉しかったw)

 

 

 

 

サイズは45〜46くらいでしたが、個人的に嬉しい釣れ方だったので満足度高い!!!

 

 

 

そしてまたしばらく沈黙が続き、気分転換にヘビキャロ投入!!

 

 

 

程良いウィードに絡めて放置してたらラインが沖に「ビューーーン!!!」

 

 

筋肉質なマッチョさん登場!!

 

 

写真だとわかりにくいですが、エラの後ろあたりの筋肉がやたら発達してて縦に置けそうな形してるバスでした!!

 

このサカナで新規導入したDRT社のVARIAL入魂!!

 

幸先よく釣れるタックルは、その後も長く好調になる傾向があるので今後の活躍に期待です♪

 

VARIALは品薄になって手に入らないと言う方もいますが、岐阜の「バックラッシュ」さんと、愛知の「HAMA」さんにはまだ在庫あるみたいです!(2017.9.9現在)

 


DRT/VARIAL の在庫 

⇒ バックラッシュさんはこちら

⇒ HAMAさんはこちら

 

お探しの方はお早めにどうぞ♪

 

 

その後、ヘビダンやってたRYOくんにバイトが!!

「あー、こいつはマメや~!!」と言って上がってきたのがこちら!

 

 

3030gのゴンザレス!!

 

 

これはマメですか…??笑
その後、日没まで投げましたがこれにて終了。

 

 

 

やっぱり琵琶湖はオモシロイ!!

 

ロケーションも綺麗だし、なにもかもが最高過ぎる!!

 

そして、琵琶湖の釣りウマの破壊力は本気でヤバイ。。。

 

 

刺激的な1日でした。

 

 

RYOくんのおかげで楽しく釣りさせて頂きました♪

 

 

 

ホント毎日でも琵琶湖で釣りがしたい…

 

 

それでは今回はこのあたりで。

 

 

ではでは〜!

 

スポンサーリンク





 

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

初めまして! 安川ことyassanと申します。 BRUTUSさんのご好意で今回ブログ記事を書かせて頂ける事になりました! 今回お話させて頂く事は9月の1ヶ月行われた「BRUTUSフォトコン」の時のお話 ...

3

どうも、ウェーダ―のままで買い物をする財閥です! まこちゃんがインスタでアンケート調査したところ、74%の人はこのスタイルを「あり」と思っているらしくちょっとホッとしました! でも26%の人は「なし」 ...

4

はじめまして。 琵琶湖移住1年目の大吾と言います。(注:BRUTUSメンバーではありませんw) 最近バイブレーションのハイスピードゲームという面白いパターンで釣っていて、それをMAKOさんと話していた ...

5

どうも、MAKOです。 いやー、いよいよ寒くなってきましたね。 寒波襲来で琵琶湖も雪景色になりつつありますが、1発を求めて初冬の琵琶湖へ行ってきましたので釣行記書いていきます。 スポンサーリンク どこ ...

-琵琶湖釣行記

Copyright© 琵琶湖の釣道を求めて , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.