自分でできちゃう♪DIYコーナー

【ジャッカル】セイラミノーのパラシュートフック自作方法!素材はフェザー?ティンセル?

更新日:

セイラミノーのパラシュートフックをご存知ですか??

どうも、MAKOです!

 

セイラミノーのリアフックに装着されているあのフック。

 

「パラシュートフック」というらしいのですが、ご存知でしょうか?

 

セイラミノーのI字引きをするには、このフックがかかせません。

 

このフックがあることで動きを制御して、よりI字に引けるようになっています。

 

で、このフックですが、ジャッカルから一応、スペアフックが販売されています。

 

 

こちら↓

 

 

 

ですが、琵琶湖北湖がメインの僕としては、強度的に純正フックをこのまま使うのはちょっと…

 

PEでの使用も考えると太軸フックも欲しいところ…

 

なので、どうせだったら「自分の好きなフックでパラシュートフックを使いたい」ということで、自作することにしました。

 

 

自作する上で、まず素材選定からですが、ここが最初の難関でした。

 

素材がなにかわからん…

 

素材はフェザーともティンセルとも違います。

 

やたら細い繊維のようなものなんですが、これがなんの素材なのかわからず…

 

実はかなり前にも作ろうと思ったことがあったのですが、その時も素材がわからず、とりあえずティンセルで我慢していました。

 

 

ですが、今回はちゃんと作ろうということで、毛針の専門店へ行って相談し、素材選定した結果、それっぽい素材を発見することができました!!!

 

その素材はTIMCOさんから発売されている「エアロドライウィング」という中空構造を持つポリプロピレン繊維のもの!!!

 

 

テンション上がってしまったので、そのまま作成開始!!!

 

 

作り方も特に難しくなく、簡単だったのでご紹介しますね♪

 

セイラミノーのリアフック!パラシュートフックの作り方!

 

まず、準備するものはこちら

 

 

  1. 自分の好きなトリプルフック
  2. 固定するための糸
  3. パラシュートフックの素材の毛(エアロドライウィング
  4. アロンアルファ

個人的にいまのところおすすめのトリプルフックは「ピアストレブル ダガー」です。

(しかも、特価で売ってたw)

 

では、作り方ですが、まずは、素材の毛(エアロドライウィング)をそれっぽい長さにカットします。

 

 

このとき、巻いてある折れ目に合わせてカットするとクセが付きにくいのでオススメです。

 

 

そして、それをフックのアイに通します。

 

 

こんな感じに通し、左右の長さを揃えて、半分にします。

 

 

ここで、固定用の糸を巻いて固定していきます。

 

 

このとき、フック下側に糸を出しておいて、それも一緒に巻いて固定すると糸がほつれにくくなります。

アイの方から下向きに巻いていき、最後は適当に結んで固定します。

 

 

そして、そこへアロンアルファ注入!!!巻いた部分全体(赤い部分全体)にも固定するためにアロン注入!!!

 

こうしておけば、糸がとりあえず固定されます。

 

ここまでくればほぼ完成が見えてくるかと。

 

 

本物のパラシュートフックをよく見ると、フックから5mmくらいはまとめられているので、純正に習ってフックから下5mm程を固めます。

ここにもアロンアルファを注入!!

 

 

アロンアルファをちょっとだけ塗ってからくるくる回すといい感じに固定されます。

この時、アロンアルファを塗りすぎると固まってから折れるので塗りすぎ注意です!

 

これが固定されればもうほぼ完成!!

 

あとは、最後に長さを整えれば完成です!!

 

(上が純正、下が今回作成したもの)

 

ちょっとボリューム多かったかな・・・?笑

 

セイラミノーのパラシュートフック素材はネット通販が確実か!?

セイラミノーのパラシュートフックは無くても釣れますが、有り無しの使い分けもしたいので、両方あった方が良いと思います!

 

是非、自作してみたい方は試してみてくださいね!

 

やってみると全然難しいものではないですよ♪

 

今回はアロンアルファで固定しましたが、本当は毛針とかを固定するボンドみたいなのがあるそうなので、そういったもので固定した方がいいのかも・・・?

 

パラシュートフックの素材が近所の釣具屋さんにない場合は、あちこち探し回るより、ネットで買った方がたぶん早い・・・と思います。

 

⇒ 楽天でパラシュートフックの素材【エアロドライウィング】を探す方はこちら

 

⇒ Amazonでパラシュートフックの素材【エアロドライウィング】を探す方はこちら

 

 

カラーもいくつかあるので、いろんなカラーで作ってみてもいいかもしれませんね♪

 

 

そしてそして!!自作したパラシュートフックを使った最初の釣行で3キロオーバー含む50UP2本釣ることができました^^

 

とりあえず、今回紹介した方法で作成したパラシュートフックでもバスはしっかり反応してくれたので、これでバスが釣れないってことはないのでご安心を♪

 

 

詳しくはこちらの記事をご参照ください!(上から2つ目のセイラミノーが針ノビノビで、3つ目のセイラミノーが壊れてる理由もわかりますw)

 

⇒【琵琶湖北湖おかっぱり】セイラミノーで3キロオーバー含む50UP2本!最後はモンスターにルアーぶっ壊された!?

 

ではではー!!

 

 

最新記事

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

2018年9月の1か月間にLINE@登録者限定で開催した【第1回】BRUTUSフォトコンの結果発表をしていきます! 写真とエピソードの総合評価で結果が決まることを最初にお伝えしていましたので、選考がか ...

3

■1問1答コーナーの説明 このコーナーは、BRUTUSのメンバーがSNSやブログ、LINE@にて色々な質問をされることがあったので、いっそのことLINE@で質問を受け付けて答えていこう!という企画です ...

4

どうも、MAKOです。 琵琶湖に行ってきましたので釣行記書いていきたいと思います。 結果的に結構苦戦したんですが、一瞬のラッシュで50UPが3本釣れたので結果オーライな釣行になりました! では、スター ...

5

どうも、財閥です! 久々ブログ書きました!笑笑   宜しくお願いします! スポンサーリンク 3980gと3170gが連続ヒット! 先週は、最近魚濃いポイントでY氏と合流!   早速 ...

-自分でできちゃう♪DIYコーナー

Copyright© 琵琶湖の釣道を求めて , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.