琵琶湖おかっぱり!バス釣りに魅了された“BRUTUS”のブログ

琵琶湖の釣道を求めて

BRUTUSの頭ん中

タイニークラッシュ“ヨタ巻き”PEセッティングとVテールのブラシガードチューン大公開!

更新日:

 

おかっぱりで6キロオーバー!タイニークラッシュのヨタ巻き!

 

BRUTUSメンバーの通称 “ロッキー” が仕留めたセンチ100g超えの衝撃のサカナ。

琵琶湖おかっぱりをメインとされている方には、衝撃的だったんじゃないでしょうか?

 

ロッキーが仕留めた6キロオーバー

今年の冬に特大を連発していた “タイニークラッシュのヨタ巻き”

にて釣られたサカナ。

 

今回は、通常のヨタ巻きにロッキーが更にひと手間加えたテクニックを紹介します。

テクニック①・・・PEセッティングについて

テクニック②・・・Vテールのブラシガードチューンについて

この2点についてお伝えします。

 

 

基礎的なタイニークラッシュのヨタ巻きに関しての詳細は「DIVISION代表 白川さん」がブログで詳しく説明されています。

 

 

タイニークラッシュのヨタ巻き詳細はこちら

⇒ TiKヨタ巻き解剖

 

 

ここからは、2ページに渡ってかなりマニアックなヨタ巻きについて語っていきます。

是非、何度も読み返して参考になさってください。

 

 

 

↓6キロオーバーを釣った翌日くらいに撮影したタイニークラッシュ画像

 

歯型の付き方がそそる・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

白川さんのブログに登場しているタイニークラッシュは、

まぎれもなくロッキーが6キロオーバーを釣ったときのタイニークラッシュ!!

 

 

白川さんのブログでも詳しく解説されていますが、

ロッキーがこんなことを言っていました。

 

 

 

「白川さんのブログにいろいろ載ってたけど、実はまだ公開してない

チューニングとかあるんだよね〜。BRUTUSブログで書いちゃおうか!?」

 

 

 

 

と、特にシークレットにしておくつもりもないとのことなので暴露してもらいました!!!

ってことで、今回の記事を書くことに!

 

 

 

 

では、ロッキーから色々聞いてきたのでまとめます!

 

 

(本人に書いてって言ったら逆に「まこちゃん書いて」って

言われたので僕がまとめることになりました・・・w)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【タイニークラッシュのヨタ巻き】ラインは絶対PEがおすすめ!その理由とは?

 

【ロッキーのタックルセッティング】
ROD : ARTEX "HACKER"
REEL : CONQUEST 101HG
HANDLE : VARIAL95mm
LINE : PE#2.5/リーダーフロロ6号

(リーダーはショックリーダーとしての役割を持たせるために2~3mくらい)

 

※おすすめタックル情報をページ下部に追記しました!!

 

注目すべきポイントとしてはラインが “PE” というところ。

 

低伸度ナイロンやフロロを使う人が多い中でなぜPEなのか??

 

 

PEを使用することで得られるメリットとしては、

①フルキャストした先でもラインが伸びないのでフッキングが決まる

②ヨタ巻きの“ヨタヨタ感”がフロロ、ナイロンよりわかり易い

 

上記の2点がPEを使用するメリットになるのですが、

特に②の“ヨタヨタ感”がわかり易いことが超大事!!!

 

 

ロッキーがヨタ巻きをする際のリトリーブスピードは、

CONQUEST 101HG でハンドル1回転3秒くらいですが、

これはあくまで目安でしかなく、

それよりもかなり大事になってくるのが

 

 

 

「ヨタヨタするかどうかのギリギリのスピードで巻くこと」

 

 

 

かなり重要なポイントなので、あえてもう一度・・・

 

 

 

 

「ヨタヨタするかどうかのギリギリのスピードで巻くこと」

 

 

 

です。

 

 

 

 

イメージ的には

 

「ヨタ、ヨタ、ヨタ、ヨタ、ヨタ、ヨタ、ヨタ、ヨタ・・・」

 

の様な一定のリズムではなく、

 

「・・・ヨタ・・・ヨタ・・・・・・・・ヨタヨタ・・・ヨタ・・・」

 

みたいな基本的にヨタヨタ動かずに、たまにヨタヨタする不安定な感じ。

 

 

 

 

これがPEセッティングなら感じ取り易く、

ヨタヨタするかどうかのギリギリで巻けるということに繋がります。

 

 

これは、動画を見て水中でどのような動きをしているか観て頂いた方がわかると思うので、DRTさんの動画を貼らせて頂きます。

(ロッキーがチューンしたタイニークラッシュは0:56あたりからです。)

 

 

 

動画内のタイニークラッシュも不規則な

 

「・・・ヨタ・・・ヨタ・・・・・・・・ヨタヨタ・・・ヨタ・・・」

 

の様な動きをしています。

 

 

 

この動きを手元に伝わってくる振動で「意図的にコントロールすること」が“ヨタ巻きの秘訣”であり、ロッキーの釣果の秘訣でもあります。

 

 

 

そして、それをやり易いのがPEセッティングだと言うことです。

 

 

 

 

【タイニークラッシュのヨタ巻き】冬の荒れた日なんて風に流されてPE使えない?んなこたぁ~ない!!

 

 

 

この写真はロッキーが6キロオーバーを仕留めたときに琵琶湖で撮影したモノです。

 

線がいくつも入っているのは雪が風に流されて線上に写ったもの。

 

 

釣りしない人からした外に出るのさえ嫌がるような真冬の爆風激荒れ。

 

 

こんな日でもPEを使用し、ヨタ巻きのリズムをしっかり把握して

キャストを続け、少ないチャンスをモノにしています。

 

物は試しってことで一度使ってみることをお勧めします^^

 

あ、①の “フルキャストした先でもフッキングが決まる” もPEの利点として大事なことなのでお忘れなく~!!

 

~タックルに関するおすすめ情報追記~

 

追記①

PEを扱えるリール選択に悩むという声がありました。

リールは投げ慣れているものなら基本的になんでもOKですが、ロッキーが推奨するのは 【カルカッタ コンクエスト 101HG】です。絶対的な巻き感度と合成で、ロッキーはヨタ巻きするときはこれじゃないとダメみたいです。(あとは見た目がカッコ良すぎて使ってて気持ち良いのもおすすめの理由)

ポイントとしてはカルカッタでも【ハイギア】を使用する点。リールは、同じリズムで巻いていてもわずかな乱れが生じます。ローギアで乱れたときよりも、ハイギアで乱れたときの方がブレは大きくなります。

その乱れたときのわずかな巻きスピードの変化がルアーに伝わって・・・ヨタ巻きの動きが・・・というのがハイギアの理由です。

ヨタ巻きのリール選びに悩んでいる方は、参考にしてみてください。

左巻きだけ安いのはなぜなんだろう・・・
 

追記②

 
ビックベイトをキャストする際に、バックラッシュして上手く投げれないという声を多数聞きました。

そんな方は、YTフュージョンのベアリングオイル 【ST OIL 01】を使用すると投げやすくなります。

粘度の高いオイルなので、キャスト時の立ち上がりが緩やかになり、ルアーの飛行姿勢も安定して、バックラッシュしにくく抜群にキャストしやすくなりますよ。

PEでバックラッシュすると、ラインが食い込んだりと悲惨なことになるので、冬までにはうまくキャストできるようにしておきたいところですね。冬の寒い中でPEのバックラッシュを治すのはまぁまぁ心折れてきますから・・・

 

追記③

おすすめのPEラインとPEのリーダーです。PEとリーダーの結束はFGノットを推奨しています。

★現在オススメのPEライン・リーダーはこちら

 

~追記はここまで~

 

 

では、PEのお話はこのあたりにして、次は簡単に実践できるVテールネタいきます!!

 

 

タイニークラッシュのヨタ巻き【Vテールのチューニング】 通称 “ブラシガードチューン”

 

この2つのVテールの画像

 

 

 

それぞれカスタムしてあるのですが、どこがどうなってるのか、わかりますか?

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

 

よーく見ると、テールの付け根になんか挿入されています。

 

 

これ、バス釣りしてる方なら一度は見たことが “ある” あれが挿入されているんです!!

 

 

“あれ” とは・・・

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

はい、実はこれ、ラバージグのブラシガードを半分に折り曲げて挿入しているんです。(上は2本挿入仕様、下は1本挿入仕様)

 

 

 

なぜここに、こんなカスタムをしているのか??

 

 

 

白川さんのブログにこんなことが書いてありましたので引用させて頂きます。

 

テールの付け根に関しては、
濡らさず装着するとどうしても樹脂が伸びてしまって
そこにもう一つ関節ができたようになってしまう、装着する前に
テールの付け根をツバで濡らして
なるべく伸びないよう装着するのがピクピク波動を出す秘訣。

 

 

 

 

ロッキーもこんなことを言っています。

※わんちゃん画像がロッキー

 

 

 

一言で言うと、「Vテールの付け根に関節ができてしまうのは良くない!!」ってこと。

 

 

これをロッキーも感じていて、関節ができないようにするためにブラシ挿入カスタムを思い付いたのだそう。

 

 

これをすることによって、関節が強制的になくなり、理想のアクションが出せるようになります。

 

(2本挿入タイプと1本挿入タイプを比較したところ、1本挿入タイプの方がイイ感じみたいです)

 

スポンサーリンク

Vテールにブラシガードを挿入するときのポイント

 

画像をよーく見るとわかりますが、テールのくぼみから太くなったところから数ミリ奥までガードを挿入しています。

 

 

 

 

挿入前にフック等で下穴をあらかじめ開けておくと挿入が簡単にできます。

 

そこに半分に折ったブラシガードを挿入して完成!!

 

作業自体は超簡単!!笑

 

 

 

 

 

挿入するときに、上の画像のようにブラシガードを少し出した状態でタイニークラッシュに装着すると、ルアー本体と接触するので固定されてテールの脱落率が減るという副産物的な効果も!!(釣った後にテールぶっ飛んでたらショックですもんね!!)

 

ちょっとしたチューンですが、かなり効果があったようで、1月はこれで連発してたみたいです!!

 

 

早速マネしちゃおう!!笑

 

釣果はインスタ(@rocky0712x)をチェック!!

 

そういえば、ロッキーがヨタ巻きを実践し出したのって、確か今年の正月くらいから。

 

かなり短期間にいろいろセッティングしては試してを繰り返してベストのセッティングを見付ける。

 

 

そして釣る!!!

 

 

ん~、恐るべし・・・

 

 

⇒ 勉強になる内容がいっぱいのロッキーのインスタはこちら

 

 

今回の記事を読んで、実践してみたけど、よくわかんないって人は琵琶湖でロッキー見つけたら教えてくれる・・・かも!!?

 

是非、マネできるところは取り入れて自分の引き出しにしちゃってくださいね^^

 

では、今回は以上です!!

最後までお読み頂きありがとうございましたー!!

 

-BRUTUSの頭ん中

Copyright© 琵琶湖の釣道を求めて , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.