琵琶湖おかっぱり!バス釣りに魅了された“BRUTUS”のブログ

琵琶湖の釣道を求めて

2018y02m16d_140224529

2018y02m16d_140224529

BRUTUSの頭ん中

【羽根モノマスター講座】デカバスを選んで釣る為のおすすめルアーやタックル、テクニックを紹介!

更新日:

 

皆さんご無沙汰してます!MAKOです!

 

最近、僕らのチーム名【BRUTUS】の読み方を聞かれることが多々あるのですが・・・ブルータスと読みます!改めて宜しくお願い致します!

 

 

さてさて、話は変わって嬉しいニュースが舞い込んできました!!!!

 

 

いつもいつもやらかす男!!ろっきーが今度は琵琶湖のおかっぱり大会(REALFREAK)で大暴れしてきたようです!!

 

 

今回はそのときの詳細となにかと話題の“羽根モノ”について解説してもらいました!!

 

 

今回も2ページに渡って、かなり濃い話をしてもらったので興味のある方は何度も読み返してろっきーの釣りをパクってくださいね~!!!

 

 

羽根モノとビッグベイトの大会【REALFREAK】準優勝!!ろっきーの戦略と思考とは!?

 

REALFREAK(リアルフリーク)は、羽根モノ&ビッグベイトオンリーというなかなかドSな条件のバス釣り大会!笑

FREAKについての詳細はこちら ⇒ FREAK主催者ブログ

 

当然エントリーする方はかなりの腕を持った玄人アングラーが殆ど…

 

 

 

そんな中、55,50,50のトータル155cm(三本の長さの合計で競います)この他にも4本釣り、我らが《BRUTUS》のろっきーが第2位に輝きました!!!
「風邪ひいて熱あるから短時間勝負するわ〜あまり体力を使わない作戦!」と開始前に言ってましたが、それでも結果を残す!!笑

 

 

 

 

今回のREALFREAKのルールが

「12cm以上の羽根モノか17cm以上のビッグベイトで釣った45センチ以上の魚3本の長さの合計」

ということなので先ずは三本揃えることを前提に作戦をたてたみたいです。

 

 

 

「数を釣れる羽根モノでデカイのだけ選んで獲る+タイニーで一発更にデカイのだけ狙って入れ替え」こんなイメージだったそうです。

 

 

 

 

ちなみに投げれたのは合計3時間 だそうな!!
そのうち羽根モノ(鉄馬)を投げていたのは夕まずめ18:30〜19:00と朝8:00〜8:30の1時間!
この1時間で50,50,47,46, 40ぐらい×2 という釣果!ヤバすぎる!!

 

 

あとの2時間は夜中にタイニーで1発を狙いに行き、ヨタ巻きで55を1本!狙い通りのBIGONE!

 

 

 

※写真の「ピエリ」の文字はFREAK参加のお題であり、ポイントとは無関係です。

 

さすがです…

 

いつもしっかりバスがいる場所、釣り方を考えているからこその結果!!!

 

 

おめでとうろっきー!!!

 

 

そして、今回は準優勝を記念して、知る人ぞ知る、羽根モノの基本をろっきーに解説してもらいました〜!!

 

スポンサーリンク

 

羽根モノで使うタックルはカバーごとぶっこ抜くことが前提!?

【ろっきーの羽根モノタックル】

ロッド: DRT ARTEX BorderPatrol
リール :15 カルカッタ コンクエスト 101HG
ハンドル:DRT/バリアル95mm

ライン :PE2.5号+フロロ6号
ルアー :van's bait 鉄馬
フック:ピアストレブル#1

  • ロッドは1〜2ozを快適に扱える竿でキンキンな竿より巻物竿っぽい中弾性ぐらいの竿がやりやすいとのこと。ARTEX以外のおすすめは73remixだそうです。
  • リールは一定のリズムで巻きたいのでノーマル〜ハイギヤ(スーパーハイギヤ以外)が使いやすいそうです。
  • ラインは琵琶湖ならカバーごとぶっこ抜く事を想定してナイロン20〜40lb。

この日も実際にカバーごとぶっこ抜くことが殆どだったみたいです。
と、まぁざっくりこんな感じだそうです。
 
 
羽根モノにおすすめなPEラインとPEのリーダーはこちら。

PEとリーダーの結束はFGノット推奨!

⇒ 羽根モノにオススメのPEラインはこちら

⇒ PEリーダーのオススメはこちら

 

羽根モノルアーのセッティング方法!

 

プラ系の レイドジャパン/DADGEイマカツ/アベンタクローラー ならパケから出したままでOK!!

 

箱から出した直後の羽根の角度などを使用する前に写メでとっておくと、後で直すとき楽なのでオススメだそうです。

 

 

 

 

次にHI-FINなどアメモノ系は要セッティング!
そもそもヒートンが抜けることがあるので長いヒートンに変えたり、エポキシでしっかり固定したりというひと手間が使用前に必ず必要とのこと。

 

 

 

 

次に羽根の調整ですが、まず考え方として“巻く時、羽根の抵抗の小さい方に曲がって泳ぐ”と言う事を頭に入れておいてください。

 

 

要は…

 

【右に曲がって泳ぐ場合 → 右の羽根の広がりを広げるか左の羽根の広がりを狭める】

【左に曲がって泳ぐ場合 → 左の羽根の広がりを広げるか右の羽根の広がりを狭める】

 

そして注意しなければいけないのが、“羽根を曲げて角度調整するのではなく羽根を止めてる金具のヒートンを回して羽根の角度を調整する”という事です。

 

 

 

もちろん魚をかけたりして羽根が曲がってしまったら元の形に戻してあげてください!

 

 

羽根モノでバスを釣り易いシチュエーションやエリアは?

 

 

1番の好条件はべた凪!

 

 

ちょいさざ波ぐらいまでならよく反応するそうですが、水面が荒れすぎるとルアーの存在感が無くなるので動きを派手にするか、ホグバスター系のアピールの強いものに変えるそうです。

 

 

狙いのエリアは・・・岸際全部!笑
他にも

  • 水面までのびたウィードやヒシモの際
  • 水深があるところでも縦ストなどバスが浮上しやすいところ
  • インレット

がよく釣れるそうです!

 

 

こういった条件が重なれば重なるほど美味しい。

 

ただ琵琶湖は日本一広い湖!

 

こんなエリアくっっっさるほどありますよね…
てことでもっと具体的に何処を狙うのか…

羽根モノで釣りやすい3つのポイントとは!?

 

それは…

  1. 底から水面までが50センチ前後のシャロー
  2. ウィードトップから水面までが50センチ以内のエリア
  3. ギルの多いエリア

この3つ!!

 

 

かなりイメージが湧きやすくなったんではないでしょうか?

 

 

条件が揃えば真冬にも釣れちゃいます!!!

 

 

 

 

羽根モノの使い方の基本とは!?

ここで紹介するのは、あくまでも基本です。
状況に応じて自分なりに工夫してみてくださいね!

 

【基本的な使い方】

まずは投げる

着水して5〜10秒ステイ( この揺れてる時にバイトが出ることも多い)

竿を立ててまく(たるんだ糸の重さで引っ張って来るイメージ)

ピックアップ直前まで気を抜かない!(ピックアップ直前がチェイスしてきた魚への最後の食わせのタイミングです)
巻くスピードは、ポコポコ音が鳴るかならないかの ピヨピヨ 動くぐらいがデカイのを選んで獲る秘訣!(ポコポコさせるとチビが先に食べちゃう)

 

ですが、水面が荒れ気味ならわざと派手に動かしてアピールさせる、もしくはアピールの強いホグバスター系を使います。

 

ここぞというトレースラインは3,4投ぐらいしつこく投げるのも効くそうですよ!!

 

 

その時、リトリーブスピードに変化を加えるのもコツ(遅→中→速みたいな)!
また、別パターンとしてヒシモやウィードのポケットに落としてカチャカチャさせるのも効くみたいなので是非お試しを!!

スポンサーリンク

おすすめの羽根モノルアー「van's bait 鉄馬」

 

おすすめの羽根モノは圧倒的に鉄馬だそうですが、なかなか手に入りにくいみたいなので市販のものでのおすすめはというと、DADGEアベンタだそうです。

 

 

 

鉄馬は羽根モノ歴20年以上の変態羽根モノ師を含む本気でやり込んだ人方達がテストして作っています。

 

 

それぞれの羽根モノのいいところ、悪いところをしっかり理解して理想に1番近いものを作った結果誕生したのがこの鉄馬(てつま)!

 

 

 

 

 

ボディ形状以外にも羽根の素材や厚み、形、ヒートン、塗装まで研究し尽くされてる…

 

 

脱帽です…

 

 

そしてハンドメイド感たっぷりの見た目がまた最高!!見てるだけでワクワクしますね!

 

 

 

オススメの羽根モノ「鉄馬」の詳細はこちらをチェック!!

⇒ オ~ちゃんの琵琶湖でバス釣りブログ~Van's Bait

 

羽根モノのフッキングの注意点

 

羽根モノは、フッキング時に合わせ切れすることがあります。

 

これはなぜか・・・??
フッキングの際に、羽根にラインがアタって擦れて切れてしまうんです!!

 

 

ですが、これは対策をすることである程度は防止することができます。

 

まず、羽根の角が削れてナイフのようになっていないか?を確認します。

 

この時に、角が鋭利になってるな~と思ったらヤスリで削って調節してください。

 

次にフッキングの仕方!

 

 

思い切り竿をしゃくるようなフルフッキングはNG!!

 

食ったらとにかく巻く!!!!
巻く!巻く!巻く!!

 

ひたすら巻合わせです!!

 

これが羽根物のおすすめフッキングです!!

 

 

最後に羽根モノでデカバス釣りまくってるろっきーから一言!

今回、いろいろと紹介しましたが、あくまで基本編です。
もっとマニアックな話もあるのですが今回はこのあたりで。。。

 

羽根モノだけではないですが、上達するには、釣れるリズムを見つけるまでやり込む。

 

これが大事!!

 

羽根モノは、羽根の角でラインが傷つくので、こまめにラインをチェックすることも忘れないでくださいね!!

 

 

とのことでした!!

なにかわからないこと、疑問点ありましたらお気軽にコメントしてくださいね♪

ではでは、今回はろっきーに羽根モノについて解説してもらいました!

今回は以上となります。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

またどこかでお会いしましょう!!

 

 

ではっ!!

2018y02m16d_140224529

2018y02m16d_140224529

最新記事

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

  どうも、【財閥】こと大久保です!   土曜日は朝方到着して最近必ず見に行ってるポイントからスタート!   マンメイドにKLASH9擦りつけながらクランキング& ...

3

どうも、MAKOです。 ロッキーと琵琶湖へ行ってきたので釣行記書いていきます。   今回は、ジグヘッドスイミングで今年1本目のロクマルを釣ることができました! PEタックルを使用したいわゆる ...

4

歯形でボロボロになった、痛々しいち○こワームこと「EdSTROKE」↑   こんにちは26(ニム)です!   前回と同じルアー(ち○こワームこと、EdSTROKE)にての釣果報告に ...

5

  こんにちは! 26(ニム)です。   今週の状況と釣果を報告します! 週末にかけて寒波+冷たい雨+強風と言うネガティブ要素が強い状況になりましたね!汗 冬ならポジティブ要素が春 ...

-BRUTUSの頭ん中

Copyright© 琵琶湖の釣道を求めて , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.