琵琶湖のおかっぱり!バス釣りに魅了された“BRUTUS”のブログ

BRUTUS公式『琵琶湖の釣道を求めて』

オススメな○○

ゴールドワークスの匠ベアリングがビッグベイトにオススメの理由と使い分けを紹介!

投稿日:

皆さんお久しぶりです!ろっきーです!
最近は新規事業立ち上げの為、軌道に乗せるまではかなり仕事優先な生活を送っております笑(琵琶湖はたまにしか行けてませんが近場でボチボチやってます…)

 

僕が釣りをする上で拘っている部分は多々ありますが、この度、良い商品が発売となったのでご紹介したいと思います。

その良い商品とはずばり…

 

"ベアリング"です。

 

 

何故わざわざブログに書いてまでシェアしたかったかと言うと、損をしてる人が余りにも多かったからです。

 

ビッグベイトをされている方なら誰しもが経験したことはあるのではないかと思う「キャスト切れ」やキャスト切れを恐れてのブレーキ設定や投げ方による飛距離の低減、キャストのコントロールが普通のルアーの時より上手くいかない、バックラッシュ等…

 

なかなか思い通りにキャスト出来ていないと言う方が多いということに気づきました。
特にPEラインを使う方はかなりシビアな設定が必要となってくると思います。

 

もちろんロッドやリール等のバランスも重要ですが、ベアリングを専用の物にかえるだけでもかなりストレスフリーなキャストができるようになり、当然トラブルが減る分キャスト数も増えてチャンスをモノにできる確率は上がるのではないかと思います。何より気持ちがいいですよね!

 

じゃあ一体何がおススメなのか…?

 

釣り専用メーカーのモノはほぼ試しました。
自分なりに手を加えてみたり、あの手この手を尽くしました。

 

もちろん釣り専用以外でも色々なメーカーを試しやっと辿り着いたのが…

 

「GOLD WORKS」
HP https://www.goldworks.tokyo/
Instagram  gold_works123

というベアリングでした!
そうです!今話題の!!笑

元々はヘチ釣り用のリールのベアリングをオーダーしたところから使い始めたのですが最初の感想はめっちゃ回る!滑らかに!でした。

 

一応ヘチ釣りでも釣ってますw

 

 

交換前は新品のベアリングをしっかり脱脂し、超低粘度のオイルを使用してなんとか1分程回る状態でしたが、GOLD WORKSさんのベアリングに交換すると2分半〜3分回りました!!!

ヘチリールをお持ちの方ならこの異常さが伝わると思います!笑

話が逸れてしまいましたがそんな"ヤバイ"ベアリングを作る人がビッグベイト用を開発したらどうなるのか?と妄想していたらついに「ビッグベイト専用 匠ベアリング 大夢式」が先日発売となりました。

ご縁があったので発売前からデータ取り等協力させていただいており、数ヶ月間みっちり使い込んでみて本当にいい物だと思ったので今回ブログを書くことにしました!

 

自分なりの3種類の使い分けとしては
中粘度ver
カルコン101HG +PE2号用(1〜3ozのルアー使用)
中高粘度ver
アンタレスDCMD+ナイロン6号用(3〜6ozのルアー使用)
高粘度ver
カルコン301+ナイロン35lb用(6〜12ozのルアーに使用)

 

 

このような感じで自分は使い分け、一通り投げ倒した感想は…

 

うたい文句通りの「ストレスフリー」

 

でした!

 

一応釣ってますw

 

しかも規格外ではありますが中粘度のものですと10g程度の軽量ルアーも普通に投げれるという笑

ビッグベイトはキャストの時の立ち上がりに急激にスプール回転数が上がる為、糸ふけが起こりやすく高切れが起こりやすいのですが、この初速を上手く抑えて、中盤は飛行姿勢を安定させる程度のテンションをかけつづけ、後半伸びるというセッティングを出すのがなかなか至難の業です。

ベアリングだけでなく、オリジナルコートや専用に調合したオイル仕上げも含めてかなりこだわったセッティングされてる感がありました!

 

また、生産数に制限を設け品質管理しているのは安心感あります!ベアリングは製品ムラが多く当たり外れが当たり前にある商品なので…

 

正直このオイルのセッティングを出す時間がなくなるだけでもかなり助かります笑

 

よく巷ではベアリングやオイルによってめちゃ飛ぶようになる!とか言われることが多いですが、そんな単純なものではないはずです。もしそうだとしたら元々の状態がよっぼど悪かっただけだと僕は思います。

 

ブレーキ類が全て0ならベアリングの回転性能がもろ飛距離に出るとおもいますが、実際はしっかりとブレーキで回転を抑えてあるはずなので…

 

もし飛距離を出したいならこのブレーキをなるべく弱くし、キャスト開始から着水するまでの間、バックラッシュしないギリギリのところで飛び続けるセッティングが理想かとおもいます。

 

このセッティングを出すときリールのブレーキだけで調整するのか、ベアリングやオイルも併せて調整するのかで結構変わります。

巻き心地がシルキーになったり
トラブルが減ったり
ノーメンテで長持ちしたり

 

もうメリットだらけなのでトラブルや飛距離、巻き心地改善のためにリール交換するぐらいなら一度ベアリング交換を強くオススメします!!!

 

長文失礼しました〜!

1

皆さんお久しぶりです!ろっきーです! 最近は新規事業立ち上げの為、軌道に乗せるまではかなり仕事優先な生活を送っております笑(琵琶湖はたまにしか行けてませんが近場でボチボチやってます…)   ...

2

今年初開催のイベントBASSER CAMP(バサーキャンプ)2019が琵琶湖湖畔の「オーパル」で開催されます。 バスボートやカヌーの試乗体験ができるみたいなので、乗ったことがない方はこの機会にぜひ! ...

3

どうも、MAKOです。 琵琶湖へ行ってきたので釣行記を書いていきます! 今回は久しぶりにロッキーと弾丸ナイトアタックw 良い魚も釣れて最高です!それでは、釣行記スタート! 目次1 雨で水量を増した琵琶 ...

4

どうも、MAKOです。 タイトルの通り、高知までアカメを狙いに行ってきました! 今回は総勢5名で遠征に行きましたが、全員がアカメに初挑戦! 釣行の様子はツカティーTVにて1〜3章に分けて公開されていま ...

5

どうも、MAKOです。 今回は久しぶりに琵琶湖でバスボートに乗ってきました! 目的はSSを湖上で使うとどんな感じなるのか?というテスト。 とは言え、ちゃっかりおかっぱりもやってます! SSだけでなく、 ...

-オススメな○○

Copyright© BRUTUS公式『琵琶湖の釣道を求めて』 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.