琵琶湖のおかっぱり!バス釣りに魅了された“BRUTUS”のブログ

BRUTUS公式『琵琶湖の釣道を求めて』

BRUTUS FISH 琵琶湖釣行記

北湖西岸アフター狙い!ロクマル寸止めを仕留めたファットイカのセッティングを紹介!

投稿日:

こんにちは!26(二ム)です!

今週は土曜日の夕方から琵琶湖西岸で予定が有ったので、久しぶりの西岸にての釣行でした。

この時期の西岸と言ったらハスパターンのK9ハイフロでハイスピードGAMEなんですが、今年は接岸してるハスの数が少ないみたいで、イマイチな感じでしたが、鮎がかなり多くて鮎ボイルが目立ちました!

K9ゲームは諦めて、アフター探しに変更!

北湖のアフターはシャローに残る個体とディープに戻りたい個体に別れてきますが、いきなりディープには戻れません。

そこで春のコンタクトポイントとなるディープに繋がる6m前後のストラクチャーが狙い目と考えてます!

もちろん全てがそう言う訳じゃないんですが、自分が釣りやすい魚を絞るのであればそんな感じです。

そこで役に立つのがネコリグでは有るんですが、飛距離が足りない事が多いので、自分はファットイカを多様します。

ファットイカのセッティング

自分は写真の物を使います。

フックはリューギのピアスでバネをLサイズに変更します。

ネイルは0.9gを何本か刺します。

ネイルはお尻から刺さずに横から刺します。接着剤を使って完全固定しちゃいます!

ファットイカはフラの付け根はハサミを使ってバリを切ります。(飛距離が全然変わります)

 

タックルデータ

710ブランクを使った自作ロッド

スコーピオン201HG(ヒラツカチューン)

R18 20ポンド

ファットイカ

ネイル3.6g(0.9gを4本挿入)

アプローチ

今回は湖流+縦ストを活用したアプローチをしました。


まずストラクチャーの湖流が当たる側を通るようにキャストします。


ファットイカがネイル3g程度なら6m沈むのに15秒から20秒位かかるので、ボトムに着くまでに図みたいな状態になります。

縦ストの凸凹などにラインを引っかけた状態でずる引きしてくると、イカさんは縦ストを登り始めます。

バスが居るレンジに入れば勝手に見つけて食べてくれちゃいます♥️

 

信じるか信じないかはあなた次第です!(笑)

そんな感じで釣れたのが寸止めちゃんなアフターでした。

ではっ!

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

新年あけましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願いいたします! 2021年はBRUTUSにとって間違いなく挑戦の年となります。 なぜなら・・・ 開発中のワーム「SS」のリリース オリジナ ...

3

ども!「今日は寒いですね」「ホントですね~」なんて言いながら、天気図を見てニヤニヤしているyassanです!!#変態   さてさて!!タイトルにもありますように、初冬の琵琶湖へスピニング1本 ...

4

どうも、MAKOです! 今年はちょっとバタバタしてまして、例年のように琵琶湖に行けず・・・ ようやく時間を作れたので琵琶湖へ行ってきました! ちょっと間が空いてしまった琵琶湖ですが、結果的にMAX62 ...

5

ども!ご無沙汰しております。 ジグヘッドをワームに刺す時は、片目をつぶると真っすぐ刺せる!と思っているyassanです。#どうでもいい知識 久しぶりのブログ更新になってしまいました...汗 &nbsp ...

-BRUTUS FISH, 琵琶湖釣行記

Copyright© BRUTUS公式『琵琶湖の釣道を求めて』 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.