琵琶湖のおかっぱり!バス釣りに魅了された“BRUTUS”のブログ

琵琶湖の釣道を求めて

琵琶湖釣行記

アノスト7のネコリグで早春バスゲット!

更新日:

連休初日の琵琶湖行って参りました!

今日は午後からの出撃。

気温も高くて水温も上昇してるはずなので、

そろそろシャローにもバスが指して来てるのでは?

とワクワクしながら琵琶湖へ向かいます。

 

ファーストポイントはもろに春っぽいポイントから!

 

到着して、湖面をみるとなかなかの透明度!!

かなりクリアアップしてますが、

バスがいればすぐにわかるのでしばらく歩いてみていくと・・・

いきなり55~60くらいのバスを発見!

バスの進行方向へジグヘッドを投げて

中層をふわふわしてくると鼻先まで見に来るものの寸前で見切られ。

 

あと一歩でした・・・。

 

そのまま姿を消してしまったので、

再度見えバスをサイトで探していくと、

ブレイクの際に2匹いるのを発見!

結構もうバスはシャローにいるみたいです!

再度ジグヘッドを投入してみると

反応はするもののバイトまでは持ち込めず。

 

春はネコリグが効くって前教えてもらったことを思い出し、

ここで僕のほぼ経験のないネコリグへチェンジ!!

 

ジグヘッドを流したコースをもう一度通すと、

これにも反応するのですが、先程プレッシャーを与えてしまったからか食わせられず。

 

さすがにそんなに簡単じゃないですね(汗)

 

サイトで探して行きますが、バスの姿が見当たらなくなってきたので

目に付いた小規模インレットの際へ落としてみることに。

水深約50センチ。

「さすがにこんなとこにおらんやろ~?」

と、インレットの際へ投入してみると!!!

 

黒い影が飛び出してきて・・・「パクっ!!」

 

まさか過ぎるバイトでしたが、釣れた魚がこちら。

 

 

ナイスコンディションの46cm

 

北湖っぽいイイ魚でした!

実はこの魚、記念すべき僕のアノスト初フィッシュ!!(笑)

いままでほぼネコリグやらずで、もちろんアノストも使ってなかったのですが、

今回でちょっぴり好きになれましたので今後も投入していこうと思います!!

※釣れるとすぐにそのルアーが好きになる単純な性格です笑

 

しばらく時間が経ったので、先程の魚と再度対決です!!

 

さっきアノストで釣ったので、

妙に自信に溢れているいまなら釣れるかも!

ブレイクのちょい下で、ひたすらシェイクし続けていると・・・

 

「コンっ!!」

 

バイトさせることに成功!!!

だけど・・・フッキングはすっぽ抜けてしまいました・・・

フックのちょびっと下を食ってたみたいで、歯型だけが残っていました。

 

もうちょっと食い込ませないといけなかったみたいです。

これも勉強勉強。

次はしっかり送って食い込ませるぞ~!!

 

そうこうやっているうちに日没になり、

エリアを変え、気になるポイントを少しだけ打ちに行くことに。

 

テトラ帯が立ち並ぶセカンドポイント。

誰も人がいなかったので、際をジグヘッドで引いてくると・・・

 

ひったくられるような強烈なバイト!!!

 

が、ノラず。。。

 

貴重なバイトなのに・・・

 

今日はこんな日みたいです!

本日はこれにて終了!

 

結局1本で終了でしたが、春を感じられる釣行になりました。

 

次回来た時は更に季節が進行してそうなので、

これからが楽しみです!!

 

 

ではでは!

 

 

 

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

先日琵琶湖で釣りしていると「隣いいですか~?」と知らない方に声をかけられました。 「どうぞどうぞ~!」って話してると「あっ、もしかしてBRUTUSの方ですか?いつもブログ見てます!」と嬉しい言葉を頂き ...

3

どうも、yassanです。 寒波襲来の3連休、潮周り的にも1発が狙えそうだったので、琵琶湖inしてきました! いい魚が釣れたので、その時の釣行記を書いていこうと思います。   中層よりボトム ...

4

どうも、MAKOです。   日本で生まれ育った方ならこのノートを見たら「懐かしい!」と思うのではないでしょうか? 僕も少年時代はお世話になりました。   はい、そうです! 自由帳( ...

5

どうも、MAKOです。 清掃活動関係のご挨拶がひと段落した後の釣りで良いバスが釣れたので、そのときの釣行記を書いていこうと思います。 ↓清掃活動についてはこちらをチェック   ご挨拶にお伺い ...

-琵琶湖釣行記

Copyright© 琵琶湖の釣道を求めて , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.