琵琶湖のおかっぱり!バス釣りに魅了された“BRUTUS”のブログ

BRUTUS公式『琵琶湖の釣道を求めて』

琵琶湖釣行記

ロクマル4キロオーバー頭に単日25キロ越え!プロトワーム SS(仮)が大炸裂!

投稿日:

どうも、MAKOです。

琵琶湖へ行ってきたので、釣行記書いて行きます!

今回は・・・めちゃくちゃ釣れましたw

釣果の詳細はと言うと、

4キロオーバー × 1
3キロオーバー × 4
2キロオーバー × 2
2キロ以下 × 4

単日25キロオーバー!

という、とんでもない釣果になりました!!!

長年釣りしてますが、このクオリティのバスが単日でこれだけ釣れたのは初めてですw

 

ボガグリップを忘れたせいで手もズタボロです・・・

これはこれで勲章みたいなものですがw

 

釣れたのはすべてプロトワーム SS(仮)のジグヘッド。

BRUTUSオリジナルワームで釣れたのでめちゃくちゃ嬉しい(泣)

 

では、釣行記スタートです!

夜明けのタイミングで琵琶湖イン!

この日は誕生日だったんですが、ガッツリ釣りに行けそうな日が直近ではこの日しかなく、家族もOKしてくれたのでありがたく出撃しました!

ワガママを許してくれる家族に感謝です。(ただし、行くなら絶対に釣ってきてという嫁プレッシャーがありますw)

 

琵琶湖へは明け方のタイミングでイン!

今回もSSのテスト釣行のつもりなので、基本的にSS以外投げる気がありませんw

 

開始早々に50クラスの熱烈なチェイスがあるものの食わせきれず。

足元のブロックの隙間からいきなり現れたのでびっくりしましたw

 

その後、特に何もなく日が昇ってしまい、ここまでノーバイト。

ちょっとやばいな〜と思いながらもキャストしていると微かなアタリが!!!

 

結構良い魚だったんですが、近くまで寄せてきてランディング体勢に入ろうと思ったらジャンプバレ・・・

めちゃくちゃ悔しかったですが、気を取り直してリスタート。

 

結果的に日中の時間帯は3本釣れました!

3匹目は23cmくらいですw

ヤル気満々そうに見えたので投げたら釣れましたw(SS最小記録)

 

日中は難しくて結果なんとかボーズは逃れた・・・というくらいの釣果です。

 

さて、お分かりの通り、ここまでは序章ですw

 

日中にyassanと電話していて、

 

MAKO「デッカイのバラしてもうたっすわ〜!悔しい〜!」

yassan「それを覆すくらい大きいの釣れるかもよ〜?」

 

なんて話してたんですが、まさにそうなりましたw

 

では、ここからラッシュ突入です!!!

台風パワーか!?日没後のラッシュが凄かった・・・

バラした魚のことが悔しくて不完全燃焼過ぎたので、50アップ1本釣ることを目標にそのままナイト突入!

ルアーはナイトゲームでももちろんSS!(というか、これしか釣り場に持って行ってませんw)

 

日中は少しレンジを下げたかったので1.8gをメインに使用していましたが、レンジを上げるために0.9gに変更。

基本的には食い上げバイトを誘発する狙いです。

表層付近をゆらゆらしてるベイトフィッシュを演出するイメージですね。

 

そんなイメージでやっていると・・・

 

「コンッ!」

 

冷静にフッキングーーーーーー!!!!決まったーーーー!!!!

 

心の中では日中のトラウマから「バレんな!バレんな!バレんな!バレんな!バレんな!」を連呼w

そわそわしながらも無事キャッチ!!

 

ナイス50アップ!!!しかも3キロ!!!

これで帰れるとホッとしました(笑)

 

でもまだ時間があるので釣り再開!!!

さっきと同じイメージでアクションさせていると・・・

 

「コンっ!」

 

「え?マジで?また食った?」

 

と、びっくりしながらも一呼吸置いてフッキングーーーーーー!!!!!!

よっしゃノッターーーーーー!!!!!

 

「さっきよりは引かないな〜。余裕で寄ってくるしそこまでデカくないな。」

なんて気を抜いた瞬間にこちらに気が付いたのか、本気を出しだすバス!

 

ここから猛烈に暴れ、数分ファイトして上がってきたのがこちら!!

 

まさかのロクマル!!!

しかも4キロオーバー!!!

 

ぶっちゃけ計測するまで目測では60も無いと思ってましたし、4キロもないと思ってましたw

目測ズレまくりw

 

SSでロクマル釣れたことがめちゃくちゃ嬉しい!!!

オリジナルアイテムで釣るっていうのは感動レベルが別格ですね。

作り手にしか味わえない特権ですw

 

テンション上がって珍しく自撮りもしておきましたw

「#BRUTUS Tシャツ着たら釣れる説」を検証できたんじゃないかと!!(笑)

 

さすがにこれ以上はないだろと思っていましたが・・・

まだまだエグかったwww

 

その後に釣れたのがこちら!(長さ順にしてあります。)

③3500g

④3300g

⑤2900g

⑥3000g

↑こいつ太かったです。↓別アングル(尻尾の太さがすごい!)

⑦2100g

 

まさかのロクマル含む50アップが7本!!!

50アップ1本釣れたらヨシだったので、さすがにこんなに釣れると思って釣りしてません(笑)

 

最後に思い切りサイズダウンして1本追加。

このバスが釣れたタイミングで見切りをつけて終了としました。

 

 

今回のタックルデータを書いておきます。

【タックルデータ】

ROD : SHIMANO FD274M
REEL:SHIMANO ヴァンキッシュC3000
LINE:PE0.8号(Sufix 131) + フロロ7lb(グランドマックス)
LURE:SS(プロト)

 

今回の釣りを振り返って。

結果的にたくさん釣れたので、琵琶湖からの最高な誕生日プレゼントになりました!

釣り人としてこれ以上に嬉しいプレゼントはありませんよねw

 

釣果が出た要因としては、ポイントのポテンシャルが高かったことが1番の理由です。

ですが、その中で最善の方法をチョイスできたんじゃないかと思います。(とか言ってジグヘッドしか投げてませんがw)

 

「すべてが一致するとこんなに釣れるのか!」と刺激的過ぎる夜になりました(笑)

 

今回はこれだけ多くのバスを掛けたのですが、バラしたのは日中の1匹のみ。

ここ最近の課題だったラインブレイクもありませんでした。

 

前回からの変化点はなんだったのか?と考えてみると、

  • PEラインの変更
  • ラウンド23の使用

の2つの点が大きな変化点になります。

 

PEラインはSufixの131という13本編みに変更しました。

13本編みって珍しいですよね!!!

このPE、まん中にコアになる「ゴアファイバー」というのが入ってて、その周りを12本で編んでるんです!

 

編み込みが多い方が多少伸びてクッション性が高くなるとかってあるんですかね?

だとしたらラインブレイクが減った理由として考えられそうですね!

このあたり詳しい方いたら教えてくださいw

 

使用感はかなり好感触だったので、これからしばらく使って試して行こうと思います。

 

続いてジグヘッド!!

ラウンド23という超絶マニアックなものをチョイスw

これは先日の記事でも紹介したジグヘッドですw

ジグヘッドスイミング(ミドスト・名古屋釣法等)のフックを1種類だけ選べと言われたらどれを選ぶか?

どうも、MAKOです。 今日は僕の大好きなジグヘッドのフックについてご紹介します。 何回か紹介していますが「おすすめのジグヘッドはどれですか?」という質問を頂くので記事にしておきます! 冬が近くなると ...

続きを見る

口の外側(カンヌキ)を狙ってフッキングできる先端形状が特殊なフックです。

 

かなりエグいフッキングしてましたよw

なんか縫い刺しみたいになってるw

どうやったらこう刺さるのか!?w

 

こう刺さったらフックが折れない限りはバレないです。

これでファイト中にラインアイが口の外にあれば完璧!歯で擦れてのラインブレイク防止になります!

 

今回初めて使ったんですが、もしかしたらリーダーが7lbのときはラウンド23がいいのかも?

これもPE同様にこれから検証していこうと思います!

 

ということで、今回はこのあたりで!

単日25キロ釣れる日がこの先、何回あるのか・・・ワクワクしますねw

 

ではでは〜!!!

 

1

どうも!!yassanです! タイトル見て頂ければお分かりかと思いますが!!   ななななんと!   エギング界のカリスマ! ヤマラッピこと「山田ヒロヒト」氏といつもの琵琶湖を離れ ...

2

どうも、MAKOです。 琵琶湖へ行ってきたので、釣行記書いて行きます! 今回は・・・めちゃくちゃ釣れましたw 釣果の詳細はと言うと、 4キロオーバー × 1 3キロオーバー × 4 2キロオーバー × ...

3

どうも!yassanです!! ご無沙汰しております!!w   約2か月ぶりに琵琶湖へ行ってきました!(ていうか釣り自体久しぶりw) 聞くところによると、「今年の琵琶湖は難しい」僕なんかより数 ...

4

どうも、MAKOです! 今日はタイトルの通り、アバンハリス(Avan Harris)のリュック【アーバンピーク】をレビューします。   僕は恐らく日本でトップクラスの早さでこのリュックを入手 ...

5

どうも、MAKOです。 今日は僕の大好きなジグヘッドのフックについてご紹介します。 何回か紹介していますが「おすすめのジグヘッドはどれですか?」という質問を頂くので記事にしておきます! 冬が近くなると ...

-琵琶湖釣行記

Copyright© BRUTUS公式『琵琶湖の釣道を求めて』 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.