琵琶湖おかっぱり!バス釣りに魅了された“BRUTUS”のブログ

琵琶湖の釣道を求めて

オススメな○○

冬のウェーディングに必須!ネオプレーンウェーダーのおすすめはPROX(プロックス)・リバレイ・マズメ!?

更新日:

 

真冬にウェーディングする際の必需品「ネオプレーンウェーダー」

使ったことがある人ならわかると思いますが、ナイロンウェーダーと比べるとめっちゃあったかいです!

 

僕も、2016年まで冬の琵琶湖をナイロンウェーダーで頑張ってました。

 

「中にタイツとスウェットはいときゃ寒くないでしょ!?」

 

って感じで、厚着して極寒の琵琶湖にナイロンウェーダーで挑んでいました。

 

 

ですが、やっぱり寒いww

 

 

そして、厚着するからズボン周りがやたら分厚くなる!!

 

 

ナイロンウェーダーもパンパンになるし、なんともならんこともないけどあまり快適ではない・・・

 

 

っと、そこに出てきたのが「ネオプレーンウェーダー」です。

 

 

もちろん、存在は知っていましたし、ナイロンと比べて暖かいのはわかっていました。

 

 

でも・・・「別にナイロンでいいっしょ!?」という謎の強がりで導入していませんでした。

 

スポンサーリンク

ネオプレーンウェーダーの導入を決意した2017正月

しかし、2017年の正月、ついにネオプレーンウェーダーを導入することを決意しました!

 

いざ買おうと思ってもどれがいいのかわからず、いろんな人から意見を聞いて、どうやらそれなりに金額出した方が良いみたいだぞ!?

 

と、いうことがわかりました。

 

 

そして、リトルプレゼンツ・ダイワ・リバレイ・マズメあたりの商品をチェックしましたが、いまいちしっくりこず。

 

価格も2~4万くらいするので、ぼちぼち高い金額!!!

でも、初期不良だったり、耐久性だったりを考えるとそれなりのものを買った方が後々良いって聞くし・・・

 

と、数日間かなり迷ってしまっていました。

 

候補外だったPROX(プロックス)のネオプレーンウェーダーが安いのに好評な口コミ!?

悩んであれこれ見ていくうちに、めっちゃ安いネオプレーンウェーダーも存在することが発覚!!!

 

そのメーカーは「PROX(プロックス)」

 

プロックスのウェーダーは他のメーカーと比べるとめちゃ安い!!!

 

 

だいたい相場の1/2~1/3くらいの値段で買えると思います。

 

でも、安いってことはすぐに穴が開いたり、耐久性が悪いんじゃないの!?

と思いますよね。

知り合いにプロックス使用者が数名いたので、それぞれ使ってみての感想を聞いてみたのですが、使用に関するトラブルは特にないとのこと!!

2年使ったらブーツの裏が剥がれたってことはあったみたいですが、ネオプレーンウェーダーとしての基本的な性能は問題ないらしい、ということがわかりました。

 

最近ラインナップも増えたみたいで、去年より進化してますね!

 

⇒ PROXのネオプレーンウェーダーはこちら

 

高いネオプレーンウェーダーでも初期不良はある!

ちょうど同時期にリバレイのネオプレーンウェーダーを買った友人がいたのですが、その友人は初期不良があると嫌だからという理由で信頼のリバレイを選びました。

ですが、初回の使用時に、どこかに穴が開いていたらしく真冬の琵琶湖で浸水したそうです・・・

 

「高い物が良い説」が崩壊した瞬間でした・・・w

 

結局のところ、高いウェーダーでも、安いウェーダーでも、浸水したら一緒!!

 

「暖かくてウェーディングができればなんでもOK!」という考えに到達しました!

 

Amazonで激安購入!安くて使えるウェーダーはPROX(プロックス)

そして、僕が悩んで最終的に選んだのはPROX(プロックス)のネオプレーンウェーダー!!

 

大型量販店で買うと12000~13000円くらいだったと思います!

 

僕は安く買いたいので迷わずお財布に優しいAmazonをチェック!!

 

新品が8000円くらいで購入できました♪

※新作が出たようで、僕が買ったときより少し値段が上がっているようです

 

大型量販店とAmazonとの価格差に毎度びっくりw

 

 

4000円くらい違いますからね!!ビッグベイトが買えちゃいそうな価格差ですw

 

僕は身長183・体重73~74くらいですが、サイズは「3L」でしっくりきています。

 

僕より身長が小さい方でしたら「LL」くらいでいいかもしれないですね!

 

一応、中にもスウェットなりをはくことを想定すると少しだけ大きくても問題ないかと思います。

 

⇒ PROXのネオプレーンウェーダーはこちら

 

実際に僕がPROX(プロックス)のネオプレーンウェーダーを使った感想

使ってみた感想としては、とにかく冬の釣りが快適になりました。

 

全然寒さの感じ方が違う!!!

 

高いネオプレーンウェーダーは5mm厚なのに対し、プロックスは値段相応に4mm厚なのですが、ナイロンウェーダーから乗り換えた僕にとってはかなりの変化でした!!

 

 

なぜもっと早く買わなかったんだ・・・俺のバカ野郎・・・って思えるレベルの暖かさw

 

 

暖かさはOKとして、次なる問題は耐久性。

 

 

これは、その個体によっての当たり外れもあるかもしれませんのでなんとも言えませんが、普通に使ってる分には1~2シーズンは問題ないんじゃないかと。

 

岩場を歩きまくったり、毎日釣行する方に対しては耐久性がどうとかは言えませんが、週1釣行くらいの方なら2シーズンくらいは持つのではないでしょうか??

 

僕は今年が2シーズン目ですので、今年も乗り切ってもらおうと思っています!!

 

8000円で2シーズンなら元は取れてると思います^^

 

これからネオプレーンウェーダーを探す方や、安くてそれなりに使えるネオプレーンウェーダ―が欲しい方は、試してみて損はないと思います♪

 

 

冬に快適に釣りができることで釣果アップが望める

※写真はネオプレーンウェーダー導入後1回目の釣行時に釣れたロクマルテンポンド

 

 

冬だけに限ったことではありませんが、快適に釣りができることと、釣果には確実に関係性があります。

 

真冬にガタガタ震えながら釣りをするのと、しっかり防寒して釣りをするのでは、集中力が変わってきます。

 

体力が奪われるスピードも違いますので、長時間釣りをしてても疲れ方が全然違います。

 

寒さから身を守るために身体は勝手に発熱しますので、これが何気に体力を奪われてる原因だったりします。

 

今回は「ネオプレーンウェーダー」に関してでしたが、他にも手袋であったり、帽子であったり、レインウェアであったりと釣りを快適にするためのアイテムって重要ですよね!

 

冬の厳しい中での釣果アップのためにも防寒対策はしっかりすることをおすすめします!

冬にウェーディングする方で、以前の僕みたいにナイロンウェーダーで頑張ってしまってる方は、ネオプレーンも検討してみてはいかがでしょうか~?

冬の釣りが快適になりますよっ♪

 

-オススメな○○

Copyright© 琵琶湖の釣道を求めて , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.